役員(理事長)候補者の公募について

平成30年4月2日

公益財団法人廃棄物・3R研究財団は、次のとおり、役員候補者を公募します。

1.公募する役員候補者

理事長候補者 1名

2.理事長の任期

公募により選考された理事長候補者は、当財団の評議員会において理事に選任され、理事会において理事長に選定された場合、理事長として、平成30年6月下旬開催予定の定時評議員会の終結の時から職務を開始する。

当財団の役員のうち理事(理事長を含む。)の任期は、2年(定時評議員会の終結の時から2年後の定時評議員会の終結の時まで)であるが、今回の公募を通じて選定された理事長の任期は、現理事長の任期の満了日(平成31年6月下旬に開催予定の定時評議員会終結時)までとする。なお、再任を妨げないとされている。

3.理事長の職務内容

当財団の代表理事として、定款等の規定に基づき、当財団の業務を執行する。

4.必要な能力、経験等

  1. 廃棄物・3R分野全般に関する知識と経験を備え、当財団の業務内容を理解していること。
  2. 公益財団法人の代表として、高い倫理観を持ち、中立性・公平性を保って業務を遂行する資質を有すること。
  3. 大学、国、地方公共団体、民間企業等において、リーダーシップを発揮して的確な組織運営を行った十分な経験を有すること。
  4. 業務に関係する行政機関、民間企業、団体等と円滑な渉外交渉を行い、調整できる十分な経験と能力を有すること。
  5. 心身ともに健康であり、就任時における年齢が70歳未満であること。

5.勤務形態

非常勤(月曜日~金曜日のうち週3日勤務。)

6.報酬等

  • 報酬は、当財団「役員及び評議員の報酬等に関する規程」に基づき支給する。(具体的な報酬額は、評議員会で決定される。)
  • 交通費は別途支給。
  • 健康保険(全国健康保険協会)、厚生年金保険に加入。

7.公募期間

平成30年4月2日(月)~平成30年4月20日(金)

8.応募方法

(1)提出書類 応募に当たっては、次の書類を郵送(簡易書留)又は持参により提出すること(4月20日までに必着)。
  1. 履歴書(市販のJIS規格履歴書に記載)
  2. 自己アピール文書(公募ポストに適任であると考える理由、就任後の抱負等)(A4用紙、3ページ(2000字)程度)
(2)書類の提出先 〒130-0026
東京都墨田区両国3-25-5 JEI両国ビル8階 
公益財団法人廃棄物・3R研究財団

事務局長 山岸 博 宛
(電話 03-5638-7161)

9.理事長候補の選考の流れ

当財団に設置する理事長候補選考委員会において、提出された書類に基づき候補者を選考する。この場合、応募者が多数の場合は、予め事務局が絞り込んだ数名以下の者を選考委員会による選考の対象とすることもある。

選考委員会は、提出された書類のみでは判断できないと考えられる場合は、面接による選考を行う。

10.その他

  1. 履応募に係る費用は、全額応募者の負担とする。
  2. 応募書類に記載された個人情報は、本公募の選考資料としてのみ使用する。
  3. 応募書類は、一切返却しない。
  4. 選考の過程に関する質問は、一切受け付けない。